歯列矯正のメリット

歯列矯正を行なうことで得られるメリットは非常に多くあります。見た目の美しさを始め、歯並びが良くなることで歯磨きをしっかりと行えるようになり、虫歯や歯周病の予防にも大きな効果を発揮するのです。

詳しく読む

なぜ長期治療になるか

歯列矯正を行なうには、それなりの期間が必要になります。その期間はおよそ2年から3年の間です。歯の矯正は骨代謝を利用するため長い時間を掛けなければ、行なうことができないのです。

詳しく読む

目立たない矯正器具

歯列矯正の方法としては、いくつかの方法があります。特に見た目を気にする人にとって歯に装着する器具の存在は大変気になるポイントだと言えます。矯正方法の中には、全く目立たない方法も存在します。

詳しく読む

歯列矯正を行おう

歯並びの悪さに悩んでいる人は多いと言えます。
歯並びの悪さは見た目のイメージだけではなく、自身の健康状態にも影響を及ぼすこともあるのです。
歯列矯正を行なうことで歯並びを改善することができます。歯並びを改善することで口元にも変化が現れるので、顔の印象がガラリと変わると言えます。
人それぞれ顔の形には特徴があり、骨格によって変わってきますが、歯並びが悪ければ噛み合わせも悪く、顎の位置が安定せず正しい位置に無いことで見ため的にも実年齢より老けて見られてしまうことが多々あります。
歯列矯正をすることによって歯並びを改善し、噛み合わせを良くすることで顔のバランスも改善され、顎の位置も正常になり、笑顔になった時の印象が断然良いものになります。
「ブラックトライアングル」という歯と歯の隙間を防ぐようにして歯列矯正は行なわれます。
これによって「空きっ歯」が改善されるので、見た目が良くなります。そして歯の隙間が無くなることで、発音が明瞭になる効果もあります。
歯と歯の間に大きな隙間があると言葉を発した際に、空気が歯の隙間から逃げてしまい、発音に濁りがかかったようになってしまうのです。
自身で発音に気を使っていたとしても、歯並びを改善しない限り、この問題は解決することはないと言えます。
歯並びが悪いということは、人によってはとても大きなコンプレックスとなります。歯並びを矯正することで自身のコンプレックスも解消することができるのです。

歯並びの矯正を行なうことで、運動能力を高める事もできます。
スポーツを行なっている人の中にも歯並びに悩みを抱える人もいます。
歯列矯正を行なわなければならないほど、歯並びが悪い状態だと歯のかみ合わせもアンバランスなものだと言えます。歯並びが悪く噛み合わせが悪いことはスポーツを行なう人にとっては大きく損をしていると言っても過言ではありません。
競技によっては重いものを持ち上げたり、ラストスパートを掛ける際などにはとても高い負荷が身体にかかります。その時に歯を思いきり噛みしめるといったことは、とても重要な事です。
しかしそのような重要な作業が、歯の噛み合わせが悪いことによって力強く行なうことが出来ないということでは、競技の記録や普段の練習も満足の行く内容では無くなってしまいます。
歯列矯正を行ない、歯並びの治療を行なうことでこのような問題が改善されるのです。
歯の食いしばりをしっかりと行える事によって、より自身の運動の能力を引き出すことができ、競技能力の向上を期待することができます。

歯並びが悪いことによって、様々な問題が口内に発生しやすくなります。
その一つに歯周病があります。歯列矯正を行なわなければならないくらいの歯並びの悪さになってくると、歯磨きをするのにも大きな影響が出てきます。
歯磨きをする際に、それぞれの歯がバラバラに生えていることで歯ブラシの毛が充分に届かない部分ができ、歯垢を落とすことができずに溜まり続けてしまうのです。
このような状態では歯垢の蔓延、歯周病の進行を助長しているようなものです。
身近な歯科に相談し、歯列矯正を行なうことでその問題を解決しましょう。歯周病になってしまっては手遅れになってしまいます。
歯列矯正を行なうことで歯磨きが格段に行いやすくなり、歯周病を防ぎやすくなります。
歯周病を防ぐことで、より歯を健康的な状態に保つことができます。

実際に歯列矯正を行なうにしても、痛みを従うのではないかと言った不安を持つ人も中にはいます。
そのような理由で矯正することをためらう必要はありません。近年は歯列矯正の技術の発達や、矯正器具の進化によって痛みをほとんど感じること無く歯列矯正が可能となっています。
以前と比べ、現在はソフトなワイヤーを使用して少しづつ、無理な負担を掛けることなく矯正していくことができるので痛みや違和感をほとんど感じることが無いのです。
場合によっては、患者に合わせて矯正器具の締め付けを弱めることも出来るのです。
このように現在は矯正にほとんど痛みを感じることがないので、患者にとって無理なく治療を続けていくことが可能なのです。
また、痛みが無いことで大人だけではなく、小さな子供にも安心して治療を施すことができるのです。
小さな子供を持つ人の悩みとしては、いつから子供に対して歯列矯正を始めることができるのか、といったことが挙げられます。
大体の目安としては、永久歯の生えが生え出し始める7歳頃になってからです。一度、歯科医に相談することから始めていきましょう。
しかし場合によっては、指しゃぶりなどが原因で、受け口で上手に上下の歯で物を噛むことができなくなっている子供も存在します。
そのような子供に対しては3歳、4歳ぐらいの段階で矯正を初めて行く例もあります。小さい時からの異常を放置しておくと、成長していく過程の中でさらに骨格の不調和が進んでしまい、矯正治療が困難なものになってしまう場合があるのです。