なぜ長期治療になるか

歯列矯正を行なう事を考えている人の中には、それぞれ悩みや気になる点があると言えます。
歯列矯正を行なう際に気になるポイントとしては、その治療期間の長さがあります。
歯列矯正は、患者自身の骨の代謝を利用して行なう治療のため、治療期間が長期的なものとなってしまうのです。
しかし、長期的に行なっていく分、時間はかかりますが、身体への負担は少ないのです。
人間の骨というのは、毎日壊れては再生を繰り返しています。これは骨代謝と呼ばれており、この骨代謝を行いながら身体を支えてる骨は維持されていくのです。
歯列矯正は、この骨代謝を利用することで歯の治療を行なっていくのです。歯列矯正用の器具で歯に継続的に力を加えていくと、骨代謝の影響によって歯は少しづつ動いていきます。
歯が動くのは一ヶ月に一ミリ程度のスピードです。より強い力を加えたとしても、歯が早く動くといったことは無いのです。
もし強い力を掛け過ぎてしまえば、歯の周辺にある血管や筋肉に無理に負荷がかかってしまいます。
そのような状態では、正常な骨代謝を行なっていくことが阻害され、反対に歯が動かなくなったり、ひどくなると歯茎や歯根、その周囲の骨に大きなダメージを与えてしまうことにもなりかねません。
身体が持つ自然な骨代謝のペースで、歯を含めた口腔内に負担を掛けずに治療を終えるには、およそ2年から3年の期間が掛かることを理解しましょう。

また、歯列矯正は大人だけに限らず、まだ歯の生えそろっていない小児に対しても有効なものです。
乳歯の生え変わりの際に、依り永久歯が安定して生えそろうように部分的に治療を行なったりすることはとても有効です。
その後、永久歯が生えそろった後も歯列矯正器具を装着し、矯正を行なうことで、歯並びや噛み合わせを早期に改善することも重要なことだと言えます。
この治療を行なって行く際は、大体4ヶ月から6ヶ月に1回の通院が必要になります。